葉酸サプリは妊活・妊娠中だけのものではないの?

産後に飲むのは何故?

産後に飲むのは何故?

葉酸は妊活中の人や妊婦さんに必要だと聞いたのですが、産後もまだ飲み続ける方がいるようです。いつまで葉酸は飲んだほうがいいのでしょうか。

葉酸は妊娠の1か月前から飲むと良いといわれています。そして妊娠初期は母体から葉酸が沢山使われてしまうため、サプリなどで不足しないように補うことが必要です。

 

妊娠後期になると必要摂取量は減りますが産後も葉酸は女性の体に欠かせません。子宮の回復を早めたり産後の抜け毛を予防するなど、色々なメリットがありますよ。

 

また授乳中は母乳を作る栄養素として必要になりますので、産後の女性には全てに必要なのです。産後の貧血予防を予防する効果もありますので葉酸は授乳が終わるまで飲むと安心です。

要注意!産後と授乳期の葉酸不足

妊娠初期は葉酸が必要だといわれていますが、実は産後も欠かせない栄養素。もし不足してしまうとどんな悪影響があるのか、早速ご紹介したいと思います。

 

産後の葉酸必要量について

妊娠初期は一日の摂取量が400μg。産後は一日で340μgと少し量が減ります。この量は厚生労働省で推奨しており、産後も引き続き葉酸の必要性があるという事なのです。

 

産後はミルクや母乳をあげる方の違いにより、摂取する栄養バランスが多少異なりますが、出産後はホルモンの分泌が急激に戻る為、抜け毛が増えたり産後のうつなどの症状を体験する方も多いですよね。

 

妊娠期間中だけでなく出産の負担から回復するためにもバランスのよい栄養習慣が大切です。葉酸はそのうちの一つ。食生活で足りない分を葉酸サプリで補いましょう。 

 

授乳に葉酸が必要な理由

授乳期間は特にお母さんの栄養バランスに注意したいですね。葉酸は母乳を作る元になり、さらに細胞分裂を活発にするため葉酸が不足すると母乳の質が悪くなる場合があります。

 

栄養不足の母乳を赤ちゃんが飲み続けると、脳の発達、体型などの成長にも悪影響を及ぼすのです。妊娠中はお腹の赤ちゃんの発育に葉酸が欠かせませんでしたが、授乳中も同様に赤ちゃんの成長をサポートするために重要です。

 

また授乳中は貧血になる場合も多く、ひどい 場合は悪性貧血になる方もいますよね。立ちくらみやめまいなどの症状を改善するためにも葉酸が欠かせません。

 

産後の子宮回復に大切な葉酸

葉酸の働きは子宮の回復をする大切な役割があります。出産によりダメージを受けた子宮は、葉酸の働きで細胞分裂がさかんに行われる為、回復が早くなるといわれています。

 

また葉酸は赤ちゃんが母乳を飲む刺激によりオキシトンと呼ばれる成分が多く分泌されるため、子宮収縮の促進にもつながるのです。妊活中から産後、そして授乳が終わるまで葉酸は欠かせない栄養素。食事で安定した量を摂取するのは簡単ではありませんよね。

 

そこで人気なのが葉酸サプリ。各社の葉酸サプリは比較ランキングサイトを参考に、じっくり選んでみましょう。