葉酸サプリは遺伝子の異常と関係があるの?

葉酸を飲まないと遺伝子に異常がでてしまう?

葉酸を飲まないと遺伝子に異常がでてしまう?

葉酸の効果は色々あるようですが、ちょっと気になるのが葉酸不足だと遺伝子異常が起きるという点です。葉酸って遺伝子に関係があるものなのですか?30代の妊娠なのでちょっと不安です。

妊活中や妊娠中の方に必要だといわれている葉酸。飲む必要性がある理由の一つに遺伝子との関係があります。遺伝子はDNAやRNAをまとめた「核酸」を合成するために大切な働きを持っています。

 

葉酸はDNAやRNAの合成をサポートする役目がありますので、不足してしまうと遺伝子異常が起きる可能性があります。必ず全員の方に起こるワケではありませんが、あらかじめ十分に葉酸を摂取しておけば遺伝子異常の予防ができるのです。葉酸サプリを比較して自分で満足できるものを見つけてみましょう。

葉酸の働きと遺伝子の関係を知っておこう

遺伝子と聞いてもピンと来ない方も多いと思いますが、私達の命の源として遺伝子は大切な働きをしています。葉酸は遺伝子との関わりが大きい為、妊活や妊娠中の女性に欠かせない栄養素の一つ。ではどんな関係があるのか早速ご紹介しましょう。

 

細胞の生成に欠かせない遺伝子の働き

私達の体の中には60兆個以上の細胞がありますが、これらの細胞は毎日生まれ変わり、5年ごとに入れ替わっているといわれています。DNAは新しい細胞にコピーされることで同じ生命体が継続できる仕組みになっています。

 

しかし遺伝子が正常に働かなくなると体は病気になり、老化現象も起こるのです。遺伝子は一人ひとり異なりますが、細胞が分裂して新しいものに変わる時、遺伝子が正しくコピーされるように葉酸が必要になります。

 

また葉酸はたんぱく質の合成にも欠かせない為、生きていく上で大切な役割を持っています。

 

遺伝子異常が赤ちゃんに与えるダメージ

遺伝子の危険因子が多くなるのが高齢の女性。また家族に遺伝子異常がいる場合、過去に先天異常児を出産した経験がある方は十分に注意しないといけません。

 

遺伝子異常があると赤ちゃんにも悪影響になり、脊髄の先天異常や無脳症などの障害のリスクが高くなってしまうのです。このようなダメージを防ぐのが葉酸の働き。

 

特に30代後半からの出産は遺伝子異常を起こしやすいとも言われて、ダウン症候群の子供が生まれる率が30代後半になると300人に一人、40代になると100人に一人とリスクが高くなります。

 

葉酸サプリで摂取不足を防ぐこと

葉酸は食事から摂取するのが難しいといわれています。ブロッコリ―やホウレンソウなどの野菜に多く含まれている葉酸。しかし水溶性の為、水に溶けてしまいさらに熱にも弱い特徴があります。せっかくの野菜も調理をすると葉酸が減ってしまい、さらに体内での吸収率も悪い為、妊活中や妊娠中の方には葉酸サプリのほうが効率的なのです。

 

最近では積極的に葉酸摂取が病院でも推奨されていますよね。一番大切なのは目安となる摂取量を継続してとること。葉酸サプリは手軽でしかも成分の配合量も安定していますので、これから出産を控える女性にはぜひオススメです。葉酸サプリの比較ランキングを参考にしてみましょう。